宮崎の話

宮崎の青島ビーチパークで、今度の週末までJACK & MARIEがPOP UPをおこなっています

僕もさまざま裏方仕事のために来ていて、一足早く東京に帰ろうと思ったところご存知の通りの台風で欠航、代替便も遅延、空港で暇を持て余している間にこうして書いています

 

約1週間のPOP UPの前半が終わったところなのですが、前半は脇でいろんな方々にお越しいただいてJACK & MARIEらしくJACK & MARIEじみた楽しみ方をここ宮崎でしてもらう催しをしました。ほんといろんな人に来てもらった!致命的な暑さの中、ありがとうございました。

以下のような感じですが遊んでたわけじゃないです。

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114039j:plain

 

宮崎空港から青島までヴァナゴンとミニでエアコン無視の窓全開で行っちゃうとか

(JACK & MARIEのJACKとMARIE、彼らはヴァナゴンとミニに乗ってるんだって。)

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114644p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114706p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114738p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114958p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115025p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115105j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115440p:plain

 

POP UPは海の目の前。関東へ一直線の台風のうねりをいただきながらのサーフィンはもちろんカヤックとかSUPとか午後中し続けられるロケーション。

いつもの通り海に入ってこれら撮ってたけど、念押すけど仕事。

 

あとはご存知CINEMA HEAVENで騒がせてもらったりしたけどその写真はいま手元になかった。絶対に行くべき場所です!と強く皆さまにお伝えしたいです。

 

www.instagram.com

 

 

あと、この全部コーディネートしていただき、彼なしでは何もできなかったと言える

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115416p:plain

 

祥平さん。本当にいろいろとありがとうございました!トッププロであり宮崎の魅力の伝道師。

みんな、サーフィンのレッスンとか普通に彼から受けられてすごい。

 

www.instagram.com

 

 

それと、このイベント(?)はGoProチームとご一緒したけど、GoPro凄いなっていうのもさることながらプロのGoProの使い手たちの手さばきも凄い。

いろんなガジェットを使いこなし、あーそうやって撮るのかってひたすら感嘆するようなテクで非日常的な写真とか動画をぽんぽん撮ってた。たぶん彼らはしっかりお金をとってゴープロレッスンができる。

本体の機能も編集アプリとかもすごい進化してて、カメラの一種というよりはゴープロっていう単一種類、みたいなことを言う人の気持ちがわかりました。

 

 

肝心のPOP UPの写真も手元に全然ないのを空港で思い出してますが、目の前は海、おいしいごはん屋さんに囲まれ、ビーチでゆっくりするのにすぐに使えるものを置いて、全体的に非の打ち所のない状態で営業してるのでもし宮崎に行く方がいればぜひです。

 

 

なんか脈絡のない感じになっちゃいましたがとりあえず宮崎はすばらしい。また遊びでも仕事でもすぐに来よう。

 

www.instagram.com

 

 

 

やっと飛行機動きそうなので東京帰ります

 

 

 

 

 

JANDDの朴訥

JANDDというバッグブランドご存知でしょうか

最近すこしずつ雑誌に出始めているくらいでほとんど露出のないこちら

 

www.instagram.com

 

インスタもぬるっと始まったところでまだこの通り。

カリフォルニアで1983年に創業のまあまあ歴史あるブランド

特徴は、とにかくなんだかいなたいルックスと、長年真面目に開発に励んできた(のであろう)成果が発揮された機能性

 

www.instagram.com

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175028p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175201p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175221p:plain

 

ボディバッグ、サコッシュ的なもの、バックパックやサイクルギア系のバッグまで種類は多々あれど、ルックスは大抵この感じ。

コーデュラナイロンとすこし粗野な見た目のスエード、濃いめのクラシックアウトドア味(風味、の域ではない)。いま最前線の「止水ジップ」とか「なんとか構造」とかそういうハイテクなものはまったくなし。

 

機能の面でいくと、僕が個人的におすすめのこれ

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175815j:plain

 

首から提げるタイプなので極小サコッシュ的な感じでありながら

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175958j:plain

 

中身はこうなっていて、財布っぽい見た目。クレジットカードとPASMO、じゅうぶんな現金とスマホ、あとは名刺とかも。いちいちカバンから財布を出すのがめんどくさいシーンはアウトドアでも街歩きでもしょっちゅうあるのでそういうときにとても便利。

聞けばこのバッグは商品名の末尾が「ウォレット」。財布っぽいバッグじゃなくてバッグっぽい財布でした。

 

この商品以外にも、小さい見た目に最大限の収納力を持たせるポケットワークや設計がお得意のようで、どれもまあよく入る。こういう時期には特に活躍する。だてに長年積み重ねてきてない、カスタマーがそうそうそういうこと!と言ってしまうようなひと工夫がちゃんとある。

 

 

実直、愚直、真面目、素直、朴訥、そんな言葉が似合う、JANDDが積み重ねてきた35年。

でもそろそろ少しだけ脚光を浴びるタイミングが来はじめる気がします。

 

 

www.instagram.com

 

しかしこれがそう簡単に手に入らない(イメージ)。

どこぞのECに現れたと思えば即完、またぽっと出ては消え。

 

jandd-japan.com

 

ジャパンのサイトもある!と思ってもやっぱりインスタに載ってるようなモデルはつねにSOLD OUT気味。

そんなガツガツ売る気ないんすよ感も、いいんだよなあ

 

 

 

 

八左衛門パクチー

地元の柏で名高い農家、おがわファーム。米から野菜からいろいろやっていて評判が高く、野菜嫌いだった僕の弟も昔ここの野菜なら食べれると言ってばくばく食べていたような、そんなすばらしい生産者です。

その跡取り息子が同級生なので、若いマインドで生まれ変わってやっていこうということで、ロゴを変えるなりなんなりしてツラとか在り方を刷新していこうなどと模索中。リブランディングというやつか

 

 

でそこの新しい看板商品になりそうなのがタイトルの八左衛門パクチー

パクチー生産を始めてみたところ界隈で人気が出始め、やっぱりプロが育てると違うのか味も全然そこらのとは違うとのこと。茎までおいしくて、もはや飾りとか風味付けよりもメインを張れる味わいであるとか、そんな感じ。

ちなみに八左衛門はこの家のかつての屋号だそうな(元禄から続く由緒正しき農家)。

 

 

最初のアクションとしておがわファームのロゴと八左衛門パクチー関係のビジュアルに手をつけてるんですが、

このパクチー自体のパッケージングはけっこうふざけておりまして

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104248j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104315j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104333j:plain

 

僕が以前に柏の刺繍屋「縫」と一緒につくったジャケットとかに出てくるイラストの女子に八左衛門パクチーを持ってもらってる

 

f:id:hynm_d_endo:20180728105138j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180728105203j:plain

↑これ

 

 

「縫」のご主人の亮兵さんがこの子にアケミという名を付け、自分たちの中ではアケミで通ってるから「アケミがパクチー持ってるのとかどう?」で提案終了。デザインの地産地消

 

 

Tシャツもつくったからこれを着てマルシェ的なやつに出てもらったり農作業に勤しんでもらおうと思います

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104535p:plain

 

 

八左衛門パクチーはいまのところ、限られたレストランとかカフェで扱われてるとのこと。買おうと思ったら買えるものなのかな、

 

 

今度ワゴンでもつくってパクチー屋台とか一緒にやろうかなと思います

せっかくおいしいんだからもっといろんな人に知ってほしいけど、まだホームページとかもないのでリンク飛ばす先がありません

ので、八左衛門パクチーどこかで出会ったらよろしくお願いします

 

 

 

Michael Kaneko

ラジオを聴く習慣がある方は確実に耳に覚えがあるはずのシンガーソングライター、Michael Kaneko

 

先日、逗子SURFERSでおこなわれたライブツアーファイナルのための、オフィシャルTシャツのデザインを提供させていただきました。

 

f:id:hynm_d_endo:20180723195347j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180723195422j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180723195517j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180723195604j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180723195920j:plain

 

葉山が地元の彼にとってここはホーム。

故郷凱旋のツアーファイナル。決してここまで平坦ではなかった彼の音楽人生のひとつの結実で、思い入れもひとしおだったと思います。

 

そんな最高の瞬間に花を添えさせてくれて、本当にありがとうございました。

 

 

でそのTシャツは、引っさげてこのツアーをまわった彼の作品『WESTBOUND EP』のジャケット写真をベースに手描き加減と純朴さのあるようなものに。

ファンの方々との繋がりも深い彼。きっとこのTシャツも長く使ってもらうのだろうということで、彼の西海岸っぽいルーツにしたがえばプリントやボディをヤレた感じにしてもよかったところ、強度があってシンプルに着まくれる方法にしてます。

 

 

数年後に着倒されてすっかりヤレてプリントも滲んだくらいの状態がMichael Kanekoのレイドバックした雰囲気のライブにはぴったりなはず。だから皆さま、買って終わりじゃなく、着倒してくださいね。

 

 

この夏もいろんなところにひっぱりだこのMichael Kaneko

どこかのフェスかなにかでかち合った際は、ぜひ耳を傾けてみてください。僕もすっかり好きになりました

 

 

www.instagram.com

 

http://michaelkaneko.com/

 

 

 

 

Seal-Style Photography

アザラシのごとく海面に頭だけ出して立ち泳ぎを続けるここ最近の午前

がっつり没頭してます。潜ってサーファーたちの写真を撮ることに。

 

www.instagram.com

 

 

 材木座のMY HONEYさんのインスタにも使ってもらえました。ハッピー

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180716202128p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180716202214p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180716202715p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180716202745p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180716202817p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180716202841p:plain

 

小波を和やかにシェアするような根源的な楽しさ、サーファーの皆さまの幸福感、自分で沖まで行った人間だけが見られる海の姿、を感じながら、はー楽しい!って思いながら撮ってる

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180716203442p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180716203509p:plain

 

風にさらされてない早朝の水面はアンテロープキャニオンみたいな独特な造形にもみえるし、青い砂漠みたいにもみえる。これがずっとゆらゆら。たぶんいま流行ってる豊洲のハイテクで綺麗なインスタレーションにも負けない綺麗なものだと思う

 

f:id:hynm_d_endo:20180716203848p:plain

 

そんな海面をすべる、別になんてことないコンディションだけどこう見れば極上。たぶん上手とか下手とかそういうことでもない、はあ、サーフィンって。っていうやつ

 

アザラシスタイルで低いところからそれを見ている自分はそれに少し羨望の気持ちを持ちつつ、でもこれがたぶんけっこう自分らしい海との付き合い方だとも思ってる

 

それに、案外自分がサーフィンしてるところの写真ってないから、あると嬉しくないですか。別に上手にかっこよくキメてる瞬間じゃなくても、みんなでだらだら波を待ってるときとか、そういうときの写真もなんか尊くていい感じです。

とりあえずたくさん撮って鍛錬積みたいので是非みなさま被写体お願いします!

 

 

8月はJACK & MARIEで宮崎に行けそうなので、いまからうずうずです。いい感じなんだろうなあ

 

 

 

 

 

 

続・便利屋稼業

 

f:id:hynm_d_endo:20180713133552j:plain

 

 

前のブログからかわって、新たにブログを開設していただきました。

 

 

グラフィック、エディトリアルと写真にまつわるビジュアルメイキング、ブランディング、イベント、広報、、、と横文字多めの諸々をブランドの裏側でひっそりと手伝う仕事、に戻りました。文字通り、便利屋稼業再開です。


 

 

 

デザインのお手伝い、なにかPRのお手伝いなどなど。こういう類の裏方が足りてなくてやりたいことができてないところのお手伝いに伺っておりますので何かあれば参ります!

 

 

またちゃんと書けるように頑張ります、

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

www.instagram.com