フォトTEE

f:id:hynm_d_endo:20180903213611p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180903213629p:plain

 

もう夏も終わる(終わった?)けど、自分で撮った写真でフォトTEEをつくってみた。

 

世にフォトTEEはたくさんあって、訳わからんものから著名な写真家が撮った崇高な1枚までピンキリだけど、自分がその写真をわざわざ着る理由が見つかるものは少ない。

いくら有名な人の手によるめちゃくちゃかっこいい写真がめちゃくちゃかっこいい配置で完璧にプリントされたものだとしても。

 

それでも今年は、春にGRAPH PAPERでJacques Bourboulonの写真が入ったTシャツを買い、それがとても久々なフォトTEEだった、けども結局写真が気に入っていた結果額装され夏の間も着られることはなく。

 

その点、自分で撮った写真を着るのは余計な力が入らなくて良い。

写真が写真として優れているかとか絶妙な配置になっているかはこの際どうでもよく、自分がいまの景色をちょっと撮っといてみるか。と決めて撮ったものを使うという、自分が着ることに必然性しかないシンプルな出生事情に安心できる。

 

f:id:hynm_d_endo:20180903214614p:plain

 

というのも。

 

服屋で働かせてもらって服と着こなしに真摯すぎる人たちに出会ってから、自分がそれを着る必然性が乏しいものを着ることができなくなり。

 

自分の基本スタンスはファッションに正解はなし不正解もなし、好きなものを好きなように着て自分が良ければそれで良し。だったけど、歴史を学び、先人たちの着こなしに学び、幾多のルールを学び、作り手の本気を学び、尊敬の念を持って服を楽しむ人たちを身近でたくさん見てしまったせいで、服に対してのモチベーションがおそらく彼らより高くなかった自分はまあまあ苦しんだし困ったし

 

彼らの言うことやひた向きさには心底感服していたので、自分も曖昧な気持ちで誰かが丹精込めて作ったり長い歴史を背負ってたり裏にカルチャーがぎっしり詰まってたりするものを着たり使うのはどこかしらへの冒涜だったりするのではという恐れに取り憑かれ。

 

それからというもの、自分の背景と同一線上のカルチャーから生まれたもの、本当に自分が好きだと言えてそこそこ掘り下げたもの、友達が作ったものや友達から買ったもの、そして自分で手を加えたか作ったもの、しか身につけることができず。

 

 

だからこの夏も例年に負けず劣らずTシャツばかり着た夏だったけど、いよいよ子どもの頃から好きなBIRDWELLか、作り手と話ができるPark DeliかCYCLE ZOMBIESか、自分がデザインした八左衛門パクチーのやつか、もしくは自分がささっと描いた絵がプリントされたやつか、上記のフォトTEEか、くらいしかほとんど着てない。

まさか夏になっても自分の出番がないとは想像だにしていなかったかわいそうなクローゼットの中のTシャツが今季はいっぱいいただろうな。

 

 

という所以があるので、このフォトTEEは気に入ってるし人にもすすめたい。

正確には、この写真をプリントするんじゃなくても良くて、例えば、この夏に撮らせてもらったサーフィン姿の写真をTシャツを、そのサーフィン姿の本人にお渡しする準備をしてたりする。自分が撮った写真に自分以外の人にとっての美的価値があるとは別に思わないけど、そういうことならその人にとっちゃ価値あるでしょう。

 

いつか誰かのお店でPOP UPをやらせてもらおう。そのときはよろしくお願いします!

 

 

www.instagram.com

 

 

 

92 F.C.

92 F.C.とICHIRYU MADEがタッグを組んでつくった、フットボールウェアとファッションの境界を曖昧にする、もしくは破壊するアイテム群

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191632j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191701j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191719j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191758j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191858j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191927j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831191946j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831192011j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831192154j:plain


f:id:hynm_d_endo:20180901003817j:plain

 

ピステとスウェットが融合されてたり、アイディアもさることながらその合わさり具合の塩梅はさすがの職人技

 

 

の、これらのルックの撮影の手伝い

街で撮影するのが久しぶりで、その名の通り92年生まれが集う(自分も含む)92 F.C.のメンバーで固められた撮影クルーにとても助けられました

 

撮った写真は、これらのプロダクトのお披露目の場である、この前おこなわれたパーティー「OTOZURE」で展示

 

f:id:hynm_d_endo:20180831192444j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831192506j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831192530j:plain

 

OTOZUREを仕組んでるメンバーも92年生まれだったりと、

それぞれ社会で経験を積んできた同世代たちがいよいよ頭角を現し始めた感がある

 

 

撮影自体は本当に楽しくて、というのも

なにかの撮影をするときってもちろんモデルさんとフォトグラファーがいて、ヘアメイクさんとかスタイリストさん、ディレクションしてる人がいればその人もいるだろうし、その他それぞれのアシスタントさんや撮影の進行を管理してくれる人やがいて、クリエイティブの現場は数あれど、これだけの人間が、時間と場所を共有しながらひとつの成果物を生み出す現場はほかにないと思ってて

 

だからこそその場の連携具合、ムード、それぞれの相性、役割同士の化学反応がおもしろいわけで、それがうまく回転してると感じる現場が生み出すものは大抵、悪いものじゃない。

 

もちろんいろんな現場を見て、仕切ってる人が明らかに現場やクリエイティブのことをわからないのに地位だけ高くて、その人が張り切っちゃうばっかりにどんどんしらけていって、結局世の中の誰をも幸せにしないような作品が生まれる場に直面したこともあるけど

 

 

だからその点今回の撮影は終わった後の気分がとてもよくて、

それは尊敬すべきクルーに囲まれ彼らに助けられていたからに他ならなくて。

 

f:id:hynm_d_endo:20180831193430j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180831193459j:plain

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180831193702j:plain

 

 

なので、今回の成果物に難点があればそれはクルーのせいではなく僕のせいです。

と思いながら写真を見て反省をしつつ。でも、モデルのふたりのいいところが出つつ、92F.C.らしさがありつつで、悪くないとも思いつつ。

 

 

www.instagram.com

 

 

 話は大いにそれましたが、

このコラボレーションアイテムは、量産不可のため発売の予定はないそうです...それでこそ純粋に気持ちがこもったアイテムということか。残念だけど

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

今回のメンバー

 

ディレクター

www.instagram.com

 

スタイリング

www.instagram.com

 

モデル

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

彼らがいないと何も立ち行かなかった

www.instagram.com

 

https://www.instagram.com/pizza_warrior_92/?hl=ja

 

 

 

 

富士山を背に

七里ヶ浜は天気がいいと、順光ではっきりした姿の江ノ島と富士山をバックに海に入れる場所

 

f:id:hynm_d_endo:20180823080616j:plain

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180823080645j:plain

↑こんな感じ

 

 

だいたい昼前には富士山は見えなくなる。

海から見るとまた違った風情だし、朝の早いサーファーたちだけの特権なのかも

 

 

この日は台風のうねりが良いことを生むかどうかの微妙なタイミング

朝はこりゃだめだと言っていた、七里ヶ浜の沖で出会う先輩方。多くが諦めてあがっていくなか、日が高くなるにつれコンディションはみるみる良くなり、我慢して待っていた人たちだけが享受できるハッピーな時間がくる。

 

f:id:hynm_d_endo:20180823081256j:plain

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180823081456j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180823081605j:plain

 

 

このサーファーの人たちが出す幸福感はなんなんだろう?といつも思う。

波が良かろうと悪かろうと関係ない。純粋な楽しさなのか、自然とか海との一体感なのか、波をシェアしたりたたえ合う仲間との関係性なのか。

 

その空間を共有させてもらっている自分もその幸福感の範囲内にいて、あがったあとにそれを思い出せるように写真を撮ってみてる。もう少し一人前になれば、一緒に入らせてくれているサーファー諸氏にも喜んでもらえるかなと思いながら、、、

 

 

 

などという話はさて置き、そういうときに欠かせないのがフィンです。

これがないと数時間の立ち泳ぎだけでとんでもない苦行になってしまう

 

 

使っているのはハワイの DA FIN

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180823082841j:plain

 

アメリカのライフセーバーたちの公認ブランドでもあり。

よく、他のフィンと比べて硬いと言われますが、柔らかいフィンは手応え(足応え?)が物足りなく、異物感があって力も伝わりきらない(気がする)

 

上の緑のはハワイのフォトグラファー ザック・ノイルのシグネチャーモデル

ハワイで買ったのに、お店の方が何も教えてくれなくて最近まで知らずに使ってた不届き者具合。

 

f:id:hynm_d_endo:20180824004034j:plain

 

これは実際にハワイのライフセーバーたちが使うカラー。初めて買ったDA FIN。

 

f:id:hynm_d_endo:20180824004454j:plain

 

すべての箱にうつってるのもこのカラー。

 

f:id:hynm_d_endo:20180824004538j:plain

 

最近手に入れたのがこのブラック×レッド

派手すぎず、真っ黒のフルスーツにちょうど良さそうなので夏が終わったら出番かなと。お店はBRINEさんです

 

 

instagram.com

 

 

どんどん増えるDA FINを携えてこれからも潜ってまいります

ご一緒させていただいた際は何卒よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

OCEANS 8

f:id:hynm_d_endo:20180816141537j:plain

 

OCEANS 8の舞台はニューヨーク。

観る前はこのシリーズはやっぱりラスベガスじゃなきゃ、などというひねくれたことを思ったりもしたけど、観た今となっては撤回の上深くお詫び申し上げたい

 

広告コピーの通り果てしなくゴージャスで女性たちはとにかく華やかで、でもシリーズ通しての軽快なリズムと空気感は健在で。

題材的にも、ファッションの仕事の人はより楽しめたりするのかな

 

過去作品のファンが喜ぶ演出も多々あり。

個人的にはケイト・ブランシェットのスタイルから目が離せず。スカジャンをラフに羽織ったり愛車はランクルだったりとぐっとくるポイントが随所にありました。『ソー:ラグナロク』のヘラ役との差!

 

とあるFREAK'S STOREの店長と観たのですが彼は劇中の盗みの手口にえらく感服し、このあとすぐに自分の店の防犯カメラを見直さなきゃと言っていました。

あんな華麗なる強盗団は来ないから大丈夫だよ。

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180816142215j:plain

 

 

そんなニューヨーク、先日行ってきた時のことをとあるところで文章にさせていただけるとのありがたいお話をいただいたので、不慣れながらも執筆中(というほど長く大それたものではない)。

 

改めて思い出して書き起こしてみると道中感じたことや気づきが整理できていいというのと、あとはなんだかすごく自分の旅が個性的で唯一無二だったかのような気持ちになれる。日頃から日記をつけている人なんかは、そんなところに魅力とモチベーションを感じて続けてるのかもなと思いました

 

 

 

 

宮崎の話

宮崎の青島ビーチパークで、今度の週末までJACK & MARIEがPOP UPをおこなっています

僕もさまざま裏方仕事のために来ていて、一足早く東京に帰ろうと思ったところご存知の通りの台風で欠航、代替便も遅延、空港で暇を持て余している間にこうして書いています

 

約1週間のPOP UPの前半が終わったところなのですが、前半は脇でいろんな方々にお越しいただいてJACK & MARIEらしくJACK & MARIEじみた楽しみ方をここ宮崎でしてもらう催しをしました。ほんといろんな人に来てもらった!致命的な暑さの中、ありがとうございました。

以下のような感じですが遊んでたわけじゃないです。

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114039j:plain

 

宮崎空港から青島までヴァナゴンとミニでエアコン無視の窓全開で行っちゃうとか

(JACK & MARIEのJACKとMARIE、彼らはヴァナゴンとミニに乗ってるんだって。)

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114644p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114706p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114738p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809114958p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115025p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115105j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115440p:plain

 

POP UPは海の目の前。関東へ一直線の台風のうねりをいただきながらのサーフィンはもちろんカヤックとかSUPとか午後中し続けられるロケーション。

いつもの通り海に入ってこれら撮ってたけど、念押すけど仕事。

 

あとはご存知CINEMA HEAVENで騒がせてもらったりしたけどその写真はいま手元になかった。絶対に行くべき場所です!と強く皆さまにお伝えしたいです。

 

www.instagram.com

 

 

あと、この全部コーディネートしていただき、彼なしでは何もできなかったと言える

 

f:id:hynm_d_endo:20180809115416p:plain

 

祥平さん。本当にいろいろとありがとうございました!トッププロであり宮崎の魅力の伝道師。

みんな、サーフィンのレッスンとか普通に彼から受けられてすごい。

 

www.instagram.com

 

 

それと、このイベント(?)はGoProチームとご一緒したけど、GoPro凄いなっていうのもさることながらプロのGoProの使い手たちの手さばきも凄い。

いろんなガジェットを使いこなし、あーそうやって撮るのかってひたすら感嘆するようなテクで非日常的な写真とか動画をぽんぽん撮ってた。たぶん彼らはしっかりお金をとってゴープロレッスンができる。

本体の機能も編集アプリとかもすごい進化してて、カメラの一種というよりはゴープロっていう単一種類、みたいなことを言う人の気持ちがわかりました。

 

 

肝心のPOP UPの写真も手元に全然ないのを空港で思い出してますが、目の前は海、おいしいごはん屋さんに囲まれ、ビーチでゆっくりするのにすぐに使えるものを置いて、全体的に非の打ち所のない状態で営業してるのでもし宮崎に行く方がいればぜひです。

 

 

なんか脈絡のない感じになっちゃいましたがとりあえず宮崎はすばらしい。また遊びでも仕事でもすぐに来よう。

 

www.instagram.com

 

 

 

やっと飛行機動きそうなので東京帰ります

 

 

 

 

 

JANDDの朴訥

JANDDというバッグブランドご存知でしょうか

最近すこしずつ雑誌に出始めているくらいでほとんど露出のないこちら

 

www.instagram.com

 

インスタもぬるっと始まったところでまだこの通り。

カリフォルニアで1983年に創業のまあまあ歴史あるブランド

特徴は、とにかくなんだかいなたいルックスと、長年真面目に開発に励んできた(のであろう)成果が発揮された機能性

 

www.instagram.com

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175028p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175201p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175221p:plain

 

ボディバッグ、サコッシュ的なもの、バックパックやサイクルギア系のバッグまで種類は多々あれど、ルックスは大抵この感じ。

コーデュラナイロンとすこし粗野な見た目のスエード、濃いめのクラシックアウトドア味(風味、の域ではない)。いま最前線の「止水ジップ」とか「なんとか構造」とかそういうハイテクなものはまったくなし。

 

機能の面でいくと、僕が個人的におすすめのこれ

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175815j:plain

 

首から提げるタイプなので極小サコッシュ的な感じでありながら

 

f:id:hynm_d_endo:20180804175958j:plain

 

中身はこうなっていて、財布っぽい見た目。クレジットカードとPASMO、じゅうぶんな現金とスマホ、あとは名刺とかも。いちいちカバンから財布を出すのがめんどくさいシーンはアウトドアでも街歩きでもしょっちゅうあるのでそういうときにとても便利。

聞けばこのバッグは商品名の末尾が「ウォレット」。財布っぽいバッグじゃなくてバッグっぽい財布でした。

 

この商品以外にも、小さい見た目に最大限の収納力を持たせるポケットワークや設計がお得意のようで、どれもまあよく入る。こういう時期には特に活躍する。だてに長年積み重ねてきてない、カスタマーがそうそうそういうこと!と言ってしまうようなひと工夫がちゃんとある。

 

 

実直、愚直、真面目、素直、朴訥、そんな言葉が似合う、JANDDが積み重ねてきた35年。

でもそろそろ少しだけ脚光を浴びるタイミングが来はじめる気がします。

 

 

www.instagram.com

 

しかしこれがそう簡単に手に入らない(イメージ)。

どこぞのECに現れたと思えば即完、またぽっと出ては消え。

 

jandd-japan.com

 

ジャパンのサイトもある!と思ってもやっぱりインスタに載ってるようなモデルはつねにSOLD OUT気味。

そんなガツガツ売る気ないんすよ感も、いいんだよなあ

 

 

 

 

八左衛門パクチー

地元の柏で名高い農家、おがわファーム。米から野菜からいろいろやっていて評判が高く、野菜嫌いだった僕の弟も昔ここの野菜なら食べれると言ってばくばく食べていたような、そんなすばらしい生産者です。

その跡取り息子が同級生なので、若いマインドで生まれ変わってやっていこうということで、ロゴを変えるなりなんなりしてツラとか在り方を刷新していこうなどと模索中。リブランディングというやつか

 

 

でそこの新しい看板商品になりそうなのがタイトルの八左衛門パクチー

パクチー生産を始めてみたところ界隈で人気が出始め、やっぱりプロが育てると違うのか味も全然そこらのとは違うとのこと。茎までおいしくて、もはや飾りとか風味付けよりもメインを張れる味わいであるとか、そんな感じ。

ちなみに八左衛門はこの家のかつての屋号だそうな(元禄から続く由緒正しき農家)。

 

 

最初のアクションとしておがわファームのロゴと八左衛門パクチー関係のビジュアルに手をつけてるんですが、

このパクチー自体のパッケージングはけっこうふざけておりまして

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104248j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104315j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104333j:plain

 

僕が以前に柏の刺繍屋「縫」と一緒につくったジャケットとかに出てくるイラストの女子に八左衛門パクチーを持ってもらってる

 

f:id:hynm_d_endo:20180728105138j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180728105203j:plain

↑これ

 

 

「縫」のご主人の亮兵さんがこの子にアケミという名を付け、自分たちの中ではアケミで通ってるから「アケミがパクチー持ってるのとかどう?」で提案終了。デザインの地産地消

 

 

Tシャツもつくったからこれを着てマルシェ的なやつに出てもらったり農作業に勤しんでもらおうと思います

 

f:id:hynm_d_endo:20180728104535p:plain

 

 

八左衛門パクチーはいまのところ、限られたレストランとかカフェで扱われてるとのこと。買おうと思ったら買えるものなのかな、

 

 

今度ワゴンでもつくってパクチー屋台とか一緒にやろうかなと思います

せっかくおいしいんだからもっといろんな人に知ってほしいけど、まだホームページとかもないのでリンク飛ばす先がありません

ので、八左衛門パクチーどこかで出会ったらよろしくお願いします