富士山を背に

七里ヶ浜は天気がいいと、順光ではっきりした姿の江ノ島と富士山をバックに海に入れる場所

 

f:id:hynm_d_endo:20180823080616j:plain

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180823080645j:plain

↑こんな感じ

 

 

だいたい昼前には富士山は見えなくなる。

海から見るとまた違った風情だし、朝の早いサーファーたちだけの特権なのかも

 

 

この日は台風のうねりが良いことを生むかどうかの微妙なタイミング

朝はこりゃだめだと言っていた、七里ヶ浜の沖で出会う先輩方。多くが諦めてあがっていくなか、日が高くなるにつれコンディションはみるみる良くなり、我慢して待っていた人たちだけが享受できるハッピーな時間がくる。

 

f:id:hynm_d_endo:20180823081256j:plain

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180823081456j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180823081605j:plain

 

 

このサーファーの人たちが出す幸福感はなんなんだろう?といつも思う。

波が良かろうと悪かろうと関係ない。純粋な楽しさなのか、自然とか海との一体感なのか、波をシェアしたりたたえ合う仲間との関係性なのか。

 

その空間を共有させてもらっている自分もその幸福感の範囲内にいて、あがったあとにそれを思い出せるように写真を撮ってみてる。もう少し一人前になれば、一緒に入らせてくれているサーファー諸氏にも喜んでもらえるかなと思いながら、、、

 

 

 

などという話はさて置き、そういうときに欠かせないのがフィンです。

これがないと数時間の立ち泳ぎだけでとんでもない苦行になってしまう

 

 

使っているのはハワイの DA FIN

 

 

f:id:hynm_d_endo:20180823082841j:plain

 

アメリカのライフセーバーたちの公認ブランドでもあり。

よく、他のフィンと比べて硬いと言われますが、柔らかいフィンは手応え(足応え?)が物足りなく、異物感があって力も伝わりきらない(気がする)

 

上の緑のはハワイのフォトグラファー ザック・ノイルのシグネチャーモデル

ハワイで買ったのに、お店の方が何も教えてくれなくて最近まで知らずに使ってた不届き者具合。

 

f:id:hynm_d_endo:20180824004034j:plain

 

これは実際にハワイのライフセーバーたちが使うカラー。初めて買ったDA FIN。

 

f:id:hynm_d_endo:20180824004454j:plain

 

すべての箱にうつってるのもこのカラー。

 

f:id:hynm_d_endo:20180824004538j:plain

 

最近手に入れたのがこのブラック×レッド

派手すぎず、真っ黒のフルスーツにちょうど良さそうなので夏が終わったら出番かなと。お店はBRINEさんです

 

 

instagram.com

 

 

どんどん増えるDA FINを携えてこれからも潜ってまいります

ご一緒させていただいた際は何卒よろしくお願いいたします