ちょっと大波

 

油断して居場所を間違えれば

 

f:id:hynm_d_endo:20180919231653p:plain

 

これが

 

f:id:hynm_d_endo:20180919231522p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180919231728p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180919231747p:plain

 

こうなる。

こうなるともう逃げられない。苦し紛れに深く潜っても、永遠かと思うほど巻かれに巻かれた末に全然違う離れた場所で浮き上がることになる

よそ見は禁物。

 

とは言っても、

 

f:id:hynm_d_endo:20180919231959p:plain

 

こんなのが何本も続いてたらさすがにカメラ覗きっぱなし

 

f:id:hynm_d_endo:20180919232114p:plain

 

で結局こうなって、次の瞬間にはまた暗闇。

難しい。湘南みたいに人口密度が高ければ嫌でも周りを気にするけど、こう閑散としてたら普通にきょろきょろすることを怠りがちです

 

トライアスロンに前期青春を捧げた自分の泳力と幼少期からそこそこ海で潜り慣れてきたことへの過信をしがち。月並みなことを言いますが、海では誰でも油断は禁物と。

 

しかし楽しかったなあ

 

f:id:hynm_d_endo:20180919232438p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180919232642p:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20180919232809p:plain

 

結局自分自身はサーフィンせず、でも完璧。

お邪魔しました。

 

f:id:hynm_d_endo:20180919232955p:plain

 

 

ちなみにうつっているのは父です。

奇妙なもので同じ業界にいるので、最近「お父さんにこの前お会いしましたよ」と言っていただく出来事が起こりはじめました。まったく、奇妙なことで。

 

ともどもよろしくお願いいたします。