映える【ば-える】

 

f:id:hynm_d_endo:20181022235851j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000932j:plain

 

そこでは、テーマとなる時代にあわせて掲げる星条旗の星の数が違い、

気の利いたグッドオールドなインテリアが散見され...

 

SCHOTT、Rockmount、ROUND HOUSEといった古くからのアメリカ衣料やズニなどのインディアンジュエリーが並び

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000202j:plain

 

アメリカの誰もが知る企業の名前をユーモラスにオマージュしたり、

ちょうどいいクラシックなサインがそこら中にあったり

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000407j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000534j:plain

 

時代や土地に紐づいた建築様式や細かな意匠

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000630j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000704j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023000732j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023001122j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023001143j:plain

 

肖像や看板のような商業芸術の奥行き

 

f:id:hynm_d_endo:20181023001332j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181023001355j:plain

 

 

ぜんぶディズニーランドの話です。

興味ゼロだった方も、ちょっと興味わきました?

ショットのライダースとかロックマウントのウェスタンシャツとかインディアンジュエリーとか売ってるって、知ってました?そこらの下手な服屋さんよりアメリカに対して一途

 

 

ウェスタンリバー鉄道】のユニフォームはコスプレくさい車掌制服などではなくレイルロードジャケットだし

アメリカ南部を舞台にした【スプラッシュマウンテン】で案内してくれるお兄さんお姉さんのユニフォームはくたびれたチェックシャツに遠目で見るとマッキノージャケットか?と思うようないなたいシルエットの太畝コーデュロイブルゾンだし

【カントリーベア・シアター】では教科書のようなアメリカンルックのクマが続々。その背負ってるの、6040クロスの古くて毛羽立ったやつだろ!っていうときとかあるし

 

こんな突き詰め具合に影響されてアメリカが好きになり、デザイナーになると決めた10代中盤の自分

 

 

去年の冬には念願かなってある雑誌のディズニー特集に出させていただけましたが、また機会があればどうか...腕まくりして出て行かせていただきます。

 

f:id:hynm_d_endo:20181023003414j:plain

 

 

で、タイトルに戻る...

インスタ映え、から派生したとおぼしき言葉<映える>

「あの壁、映えるっしょ」というように使うものだと思っていたのが、ディズニーランドで耳にしたのは「でさあ、どこで映える?」という言葉。もはやそうなると自分を主語にした動詞にもなりうるわけで、「あとで映えようよ」「あそこは映えなそう」「今日うちらまだ映えてないくない?」「これ持つと映える」とまるで「ヤバい」ばりにマルチな言葉になってきてる

そりゃディズニーは映えるところいっぱいあるもんね。

こんな感じでつぎつぎ新しい言葉が生まれ用法が日々変わっていったら辞書編纂も大変だし「近頃の若いもんの言葉遣いは」と言いたくもなると思う。近頃の若いもんですら、そう思いました。