オートバックス

前身となるカー用品の会社が始まったのが戦後まもなくの頃。

敗戦から立ち上がる日本の象徴のひとつだった国産車メーカーの隆盛とともにこの国の車文化の発展の一端を担い、日本初の総合的なカー用品専門店「オートバックス」を開店したのが70年代前半。

 

 

世は経済成長とともに車が大衆に広く行き渡るようになっていく時代の真っ只中。わずかな間に500店舗を超える大チェーンへ進化。

日本の車文化をメーカーとは別角度から支え続けて数十年。

 

 

しかしそんな経済成長もいまは昔、車もみんなが当たり前に持つ世ではなくなった。

改めて原点に立ち返り、車とともにある毎日の素晴らしさを広めるために何をしようか?というので、さまざまな施策をしている。すっかり大企業だし量販店として栄華を極めたし、簡単なことではないだろうけど、やってる。

 

 

その試み①

JACK & MARIE

着ることを楽しみ食べるものに気を配り住むところにこだわるように車がある生活を楽しむ人が増えて欲しいという思いがあって、全然違うアプローチにチャレンジ中

 

www.houyhnhnm.jp

 

www.houyhnhnm.jp

 

関東では、今月オープンしたみなとみらいの店舗が最新型

 

f:id:hynm_d_endo:20181121225846j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121225903j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121225921j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121225937j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121225956j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121230016j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121230033j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121230054j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121233739j:plain

 

始まったばかりでうまくいかない部分とか思いが遂げきれてない部分もあるみたいだけど、まったくの畑違いの領域にきてここまでやってすごいと思う、というのが来て最初の感想でした。

フイナムで記事にもしていただいたペンドルトン別注のカーインテリアとかは、絶対ここしかやらないだろうな〜

 

 服あり家具ありキャンプありなどなどで愚直に車でやってきた会社だから一筋縄ではいかない試みだけどきっとおもしろい壮大な実験。

 

 

試み②

オートバックスプライベートブランドとして始まったGORDON MILLERというブランド

こっちはガレージライフの充実をテーマに主にカーシャンプーとかブラシとかバケツとかみたいな洗車道具から始まって、ついに今季はガレージでの過ごし方を突き詰めた結果、アウトドアギアやファニチャーっぽいものまでつくってしまった。

 

 

JACK & MARIEみなとみらいでも取り扱われています。

 

f:id:hynm_d_endo:20181121230735j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121230753j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20181121230817j:plain

 

そんな感じでガレージライフの概念を拡張させていっているGORDON MILLERですが、

2019年1月以降にさらなる大幅なアップデートを控えています。

 

www.instagram.com

 

たぶんこのタイミングで、単なる量販店のプライベートブランドを超える。

僕はその刷新の裏方にいま入り中で、この年明けからの取組みがまあ突き抜けてておもしろい。オートバックス本気出すとすげーなと思わされてます。早くお披露目したい!

 

 

 

GORDON MILLER、ときどきJACK & MARIE、さらにときどきオートバックスの手伝いをしてみていま思うのは、こんなに大きい会社でもオートバックスの人はやっぱり車好きすぎなんだな〜ということ。

飲みに行けば車の話、やれエンジンがなんだ、あのタイヤはどうだと熱が入るさまは、アパレルにいたときの洋服談義とまったく同じもので、どの業界にもこういう情熱はあるんだと知りました。

 

 

自分のような裏方の人間は支える対象の気持ちの熱さや情熱、志に共鳴して燃えて仕事をするしかないので、ここの人たちのオタク具合にはかなり引っ張られてます。

 

 

そんな人たちが、自分たちがこんなに楽しんでいる"車のあるライフスタイル"をみんなと分かち合いたい、服を楽しむようにインテリアを楽しむようにスポーツを楽しむように食生活を楽しむように楽しむ人を増やしたいと思っているわけなので、全力でそれを形にしたり世に伝えていく手伝いをするのがわれわれの仕事だな。

 

 

いろいろあるとは思いますがこのチャレンジ温かく見守っていただけたらと思います。

 

 

 

てわけなのでこれからGORDON MILLERの話いっぱいしますー。