GORDON MILLER MOTORS

 

昨日からオートサロンが始まって、おとといウェブサイトが公開になって、

そのタイミングでお披露目する事柄が複数あって忙しない、しかしめでたい、今週末のGORDON MILLERです。

 

www.houyhnhnm.jp

 

ここフイナムで丁寧かつ迅速に紹介していただいた記事ご覧いただけたでしょうか。

GORDON MILLERで此度リリースすることになったオリジナルカーレーベル「GORDON MILLER MOTORS」から2車種のお披露目です。

 

 

 

komuta.blog.houyhnhnm.jp

 

小牟田さんも書いてくださっているのですが(本当にありがとうございます!)、C-01というモデルが好評。サイズ感やフロントマスクのインパクトでどうしてもフラッグシップ的モデルV-01に主役の座を受け渡している感があるのですが、このC-01はこのためのオリジナルカラーを日産のメーカー工場(つまり純正)で塗装してもらっていたり、サイズも23区内を楽に走れる取り回しの良さがありとメリット多め。

どちらも捨てがたい2車種です。

 

f:id:hynm_d_endo:20190112075116j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112075229j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112075751j:plain

 

2車種どちらも壁床天井と無垢材をはったインテリア。数年前のフォスター・ハンティントンの動きから追っている人にとってはじゅうぶんに見慣れているであろう、「ああこの感じね。」となるであろう内装ですが、これを新車ベースで最新性能のクルマでプロダクト化となるとまた話は別。それに、いじってみれば、ただ木の内装なだけでなく、フレキシブルで使いやすくデザインされた機能的なところにも気付くはず。

それに、たとえばV-01のベースとなっているハイエースは新車から30万km走ると言われているので、木の経年変化をじゅうぶんに見届けていける。

 

ほかにもさまざま、日頃お世話になっている方々が書いてくれた記事がたくさんネット上にあります。ありがたいなあ

 

 

www.gordonmillerpro.com

 

クルマの詳細は↑の公式からも。

実際にこのクルマで自分も湖畔車中泊してみたりしてるので、そういうのも改めてご紹介させてください。

 

 

そういうわけで、これらのクルマが初展示されている東京オートサロン

この土日やっていますよ〜〜

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080158j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080228j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080255j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080325j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080349j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080418j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080441j:plain

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080506j:plain

 

オートサロンなのでもちろんGORDON MILLERブースもクルマ、ガレージ関係の用品が充実。

30万人くる(らしい!)イベントなので陳列も倉庫系でダイナミックです。

クルマは先行予約できます。

 

 

お待ちしております!

 

f:id:hynm_d_endo:20190112080741j:plain

 

 

www.instagram.com